福代自治会

 福代自治会は、岩瀬戸から岡山県県境に位置し70世帯、人口210人から構成されており、その前身は、福代共栄会、福代公民館、福代自治公民館、福代自治振興区と名をあらため現在に至っています。(福代郷土誌による)
 組織役員は、会長、副会長、事務局を始め専門部会として、寿年部、女性部、育成部があります。
 主な活動は、クリーン作戦、河川清掃、グラウンドゴルフ大会、夕涼み会、粗大ごみ収集、年忘れ親睦会、とんど祭り、視察研修旅行等を実施しています。
 寿年部としての活動は、八幡神社の清掃作業、国道沿いの環境美化作業、料理教室、子供達と交流会を開催するなど和気あいあい楽しく行っています。
 福代郷土誌は福代地区の文化、歴史等を残す為に郷土誌編纂委員会を立ち上げ、自治振興区活動推進助成金の交付を受け発刊した郷土誌です。内容は九章からなり、ふくしろの自然、歴史、風俗、生活、産業、景観、人物伝、今昔、歴史年表と資料からなり福代の郷土がわかる本になっています。(図書館に有ります)
 これからの自治会は、年々高齢化も進み自治会行事の参加者が減少傾向にあります。これから先は、多くの自治会員に参加していただける行事等を考え他の自治会と連携しながら、楽しい、自治会をめざしていきたいと思います、宜しくお願いします。

自治会情報